始めに
このブログは、カードマジックを主とした奇術の解説をメインに、時たま日常を綴るブログです。
宴会芸や、友人に披露するもよし!
本気で学び、プロを目指すもよし!
それぞれの見方でお楽しみくださいw
特に技術のいらないマジックも多いので、気軽に始められます^^
小手先よりも口先!!!
技術よりも自信と度胸!!!
とにかくやってみましょう

2007年04月19日

Aのサンドイッチ

毎回毎回、技法ばかり紹介していても勉強みたいでかたっくるしいので、今回はひとつ、技法などはいっさい使わないマジックを解説したいと思います^^

◆現象◆
ゲストがデックからカードを1枚選び、デックに戻します。
2枚のAでデックをはさむと、この間に客のカードが現れる。

◆準備◆
デックのトップから2枚目と3枚目にクラブA、スペードAを表向きで置いておく。

◆方法◆
まずデックを半分に分け、上半分をテーブルに置き
下半分をシャッフルし、その中からカードを選んでもらいます
ゲストにカードを覚えてもらったら、カードを裏向きのまま返してもらい、テーブル上にあるパケット(元の上半分)の上に重ねます。
手にしているパケット(元の下半分)をシャッフルし、同様にテーブル上のパケットに重ねます。

「今からあなたの選んだカードを探しますが、ここでは2枚のエースに探してもらいましょう」などと言い
デックを裏のまま広げ、2枚のエースが表向きになっていることを示します。
2枚のエースがあった部分でカット(デックを二分して上下を入れ替えること)し、二枚のエースがトップにくるようにします。
「この2枚がカードを見つけてくれます」といい二枚をテーブル上に置きます。
「この時点で、あなたのカードが一番下にあったり、一番上にあったりしませんね?」といいながら、デックのボトムカードを取って見せ、デックの中央に入れる。トップカードも同様にする

(この時点でゲストの選んだカードはボトムにきています)

スペードAを表向きのままデックのトップに重ね、全体を右手でもつ。左手でクラブAをデックのボトムに少しずらして重ね、全体を左手に持ちかえる。
11.JPG

人差し指がクラブエース、中指がその上のカード(ゲストのカード)にあたり、親指がスペードのエースにあたっている

そのまま左手でデックを右手に放ると、「パシュッ」という小気味のいい音と共にスペードA、クラブAと1枚のカードが残ります
10.JPG

その裏向きのカードがゲストのカードであることを示します。


結構インパクトが強いマジックなんで、是非お試しあれwww



にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ banner_01.gif
この記事へのコメント
メチャクチャいいマジックですね^^
Posted by ロッテリアン at 2008年04月18日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック