始めに
このブログは、カードマジックを主とした奇術の解説をメインに、時たま日常を綴るブログです。
宴会芸や、友人に披露するもよし!
本気で学び、プロを目指すもよし!
それぞれの見方でお楽しみくださいw
特に技術のいらないマジックも多いので、気軽に始められます^^
小手先よりも口先!!!
技術よりも自信と度胸!!!
とにかくやってみましょう

2007年04月19日

マルティプル・リフト

マルティプル・リフトとは

デック(トランプの山)のトップ(一番上)から、2枚以上のカードを1枚のようにしてとりあげる技法です。

取り上げる枚数によって、技の名称は「ダブル・リフト」(2枚)、「トリプル・リフト」(3枚)「クオドラブル・リフト」(4枚)などと変化します。

特に、2枚の場合のダブル・リフトが多用されるので、ここではダブル・リフトを解説しますが、それ以外の場合も同様の手順です。

ちなみにテレビなどでよく見かける
トランプのトップのカードを見せ、中程に入れても、指をならせばまたトップから出てくる――なんてマジックも大概はこの技法を使ってますw
タネを明かせば単純なので、今度テレビで見かけた時は鼻で笑ってくださいwww^^

それでは解説に入ります
まずデックをディーリングポジションに持ちます。
5.JPG
↑こんな感じw

続いて、デックをそろえるかのようなしぐさで、なるべく手元を見ずに(相手に話しかけながらだと自然でいいです)
右手を写真のようにトランプにかけます。
4.JPG

そして右手の親指の腹でトップの二枚を押し上げ、
左手の小指の腹の肉を挟み込みます。
6.JPG
あくまでゲストには分からないようにw

後はこの二枚をひっくり返し、1枚に見せ、表面を見せたらまた裏に返し山に返してください。
これで一通りの流れは終わりです^^

簡単なマジックとしては
この後トップのカード(相手は二枚目にあるカードをトップのカードだと思っている)をデックの中ほどに差込み、演出として指でもならして、再びトップのカードをめくると、最初に見せたカードが現れるので、ゲストからは、あたかも中ほどにいれたカードがトップに瞬間移動したかのように映りますw



にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ banner_01.gif
この記事へのコメント
初めて訪問させていただきました、蓮と申します。
とても分かりやすい説明で嬉しいです♪
友達の誕生日にアンビシャスカードを披露したいと思うのですが一連の流れを紹介していただけないでしょうか??
もし時間がありましたら宜しくお願いします。
Posted by 蓮 at 2008年10月13日 15:00
ここの管理者ではないですが…

フランク・ガルシアさんのルーティーンなんかどうでしょう。誕生日会にうってつけですよ。しかし私はガルシアさんでないので以下、私が愛用しているルーティーンをば。

概要 
カードを選ばせる
トップから二枚目にコントロール←このさい、ダブルカットなどは用いず、できればまぜたとおもわせないようにしたい
ダブルリフトでトップにきたと思わせる
もどしてダミーを中ほどにいれ、
トップをめくる
今度は二枚目のカードとすりかえて(できるのならばトップチェンジでもかまわない)
その二枚目のカードを片手で中ほどに入れていく
その間に選ばれたカードを口ではさんでおく
適当にフラリッシュをしてから大きめの音を立ててデックを置き、口元を示してフィニッシュ

……あらためて自分に文章能力がないと実感。
もしわからなければ(わからないと思うので)時間があるなら↓を参考にしてください。
https://www.frenchdrop.com/detail?id=578

Posted by kzkaki at 2008年10月17日 14:57
kzkaki様

わざわざありがとうございますm(__)m
いえいえ充分に分かりますよ、kzkaki様が指定してくださったページも参考にさせていただきます。
だいぶ日にちが迫ってきたので大急ぎで練習したいと思います^ ^*

本当に有難うございましたm(__)m
Posted by 蓮 at 2008年10月26日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック